もどる

■ 会 長 挨 拶
 
今年は良き年でありますように』

 

 令和四年を迎えました。新年あけましておめでとうございます。

 皆様には、新たな気持ちで新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。また、平素より、地域活動へのご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 昨年は令和二年に引き続き、新型コロナウィルス感染症に翻弄された年でしたがワクチンの効果や皆様方の努力もあり、やや下火になったかに思えましたが、昨年暮れ頃からオミクロン株という新変異株の発生により第六波につながる感染増が懸念されます。

 しかし今年は、壬寅(みずのえとら)で”冬が厳しければ厳しいほど春の芽吹きは生命力にあふれ、華々しく誕生する”ということらしいです。コロナ禍で約二年間厳しい年でしたが、今年は元気を取り戻せる年になることを心から願っています。

 昨年の地域行事はコロナ禍の為、一昨年に続き平尾台観光まつり、東谷フェスティバルや区民体育祭をはじめ殆どのイベントや行事が中止や規模を縮小しての開催となりましたが、東谷まちづくり協議会は発足20周年を迎えました。残念ながら皆様集まっての行事はできませんが現在、記念誌を作成中です。

 他に、コロナの職域接種と西鉄バス北九州鰍ノよる新バス路線の運行が始まりました。

 コロナに関しては、まだまだ収束の兆しが見えず、いつどこで誰が感染してもおかしくない状況下です。 そこで昨年、平尾台病院・やまびこ学園にて職域接種で二回のワクチン接種をしましたが今年、三回目のブースター接種を行います。

 新バス路線については、やや不満もありますが、ひとまず安堵しているところです。それでも利用しないと減便・廃止になることもあります。”乗って残そう新バス路線”の、のぼり旗を掲げ利用促進を訴えています。よろしくお願いします。

 そのような中、東谷地区成人祭は少数の限られた人数でではありますが新しくなった興農会体育館で1月9日()に行われます。

成人を迎えられた若人並びにご家族のみなさん”おめでとうございます”

 
 平尾台ではレーザー光線と打ち上げ花火のコラボによる”冬はなび”を2月
12日(土)に行う予定です。

 春を告げる野焼きは2月19日(土)予定です。予備日は以下の通りです。

 2月20日(日)

 2月26日(土)

 3月6日(日)

 3月12日(土)

 3月13日(日)
野焼きに従事される皆さん宜しくお願いします。

 今年がみなさまにとって良き年でありますよう心からお祈り申し上げます。

 

         

 




令和4年1月

東谷地区まちづくり協議会会長  内尾 正憲 
 

 


 


もどる